重要なお知らせ

高知県電子入札システムに関する「重要なお知らせ」を公開しています。

重要なお知らせ
◆入札・契約に係る手続きの押印等の見直しについて(令和3年12月27日)
入札・契約に係る手続きについて、押印等の見直しを行いました。
今回の見直しにより押印を不要とする文書については、「印」の表示のない様式で、現場代理人・
技術者届、着手届、完成通知書、合格通知書等になります。
また、建退共掛金収納書届出書の様式が新しくなっていますので、ご注意ください。
詳しい内容については「建設工事及び測量・設計等委託業務の入札・契約に係る基準・要領等」の
各要領等の改正内容をご確認ください。
様式については「土木政策課契約担当様式ダウンロードサービス」からダウンロードしてください。
なお、この改正は令和4年1月1日から施行します。

◆Windows11について(令和4年1月25日)
マイクロソフト社が令和3年10月5日にリリースいたしました「Windows11」につきまして、
高知県電子入札ステムの対応は、2022年5月下旬(予定)となっております。
今後の予定につきましては、当ホームページにてお知らせいたします。
それまではWindows11へのアップデートを行われませんよう、ご注意ください。
また現在利用可能な環境は事前準備をご確認ください。
◆高知県電子入札システム「新方式(脱Java)」への移行について
高知県電子入札システムが令和2年9月7日から新方式(脱Java)に移行します。移行予定日である
令和2年9月7日までに新方式に対応するアプリケーションのインストール・設定等をお済ませくだ
さい。(必要な設定等を行わないと、システムが利用できなくなりますのでご注意ください。)

アプリケーションのインストール手順等については、ご利用のICカード発行元の民間認証局の案内
をご確認ください。ご不明な場合はICカード発行元の各民間認証局の窓口にお問い合わせください。

◆入札情報システムのメンテナンスによるシステム停止について
入札情報システムのメンテナンスのため、下記日程でシステムを停止させていただきます。
停止期間中は、入札情報システムの利用ができません。
停止日時:令和2年5月18日(月)20時00分~24時00分まで
ご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

◆平成30年12月14日から土木政策課HPで掲載しておりました「(電子入札に
関する重要なお知らせ)JRE8公式サポート終了に伴う電子入札用PCの設定に
ついて」でご案内したとおり、JRE8の公式サポートが平成31年1月をもって
終了となります。
その対応として、平成31年1月21日から応札者端末における電子入札専用
JREの提供が開始されました。
サポート切れのソフトウェアを使用した場合は、セキュリティの問題が
生じる可能性がありますので、下記URLをご参照のうえ、電子入札専用JRE
の導入をしていただきますようお願いします。

電子入札コアシステム 応札者向け情報  http://www.cals.jacic.or.jp/coreconso/inadvance/index.html

◆JRE8の公式サポートの終了について、電子入札コアシステム開発コンソーシアム
ホームページの応札者向け情報に掲載されました。
高知県電子入札システムにおいてもこれに合わせて、対応を予定しております。
対応時期の詳細につきましては、決まり次第電子入札システムホームページで掲載予定です。
JRE8の公式サポートの終了の詳細については、電子入札コアシステム開発コンソーシアム
ホームページの応札者向け情報から「お知らせ」をご覧ください。

◆「Java(TM)は、最新のものではなく更新が必要なためブロックされました。」と
表示された場合は、「信頼済みサイトへの登録」を行ってください。
(詳しくはこちらをご覧ください。)

◆新高知県電子入札システムではICカード登録用のパスワードが初期化されているため、
必ずパスワードの変更を行ってください。
(詳しくはこちらをご覧ください。)